ガンダム『評伝シャア・アズナブル』と架空に学ぶ本


皆川ゆか『評伝シャア・アズナブル赤い彗星》の軌跡』というのが出るようですね。

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 上巻 (KCピ-ス)

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 上巻 (KCピ-ス)

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下巻 (KCピ-ス)

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下巻 (KCピ-ス)

ここに詳しい。↓ITmedia News:シャアに学ぶ「男の生き方」 新書で一代記http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/10/news010.html

架空の人物を、実在の人物のように論じる試み。
新書で各600円、という設定が上手いですね。


著者は、究極のガンダム百科を書いた方ですね。この本、ほしいんですが高くて買えない……。

機動戦士ガンダム公式百科事典―GUNDAM OFFICIALS

機動戦士ガンダム公式百科事典―GUNDAM OFFICIALS

GUNDAM Q101―『機動戦士ガンダム公式百科事典』完全対応副読本!

GUNDAM Q101―『機動戦士ガンダム公式百科事典』完全対応副読本!


ガンダムを史実として扱う興味深い試みとしては、多根清史さんの『機動戦士ガンダム研究叢書 宇宙世紀の政治経済学』という本もあります。

機動戦士ガンダム研究叢書 宇宙世紀の政治経済学

機動戦士ガンダム研究叢書 宇宙世紀の政治経済学

著者の方のブログ

アニメのガンダムを基に、こういうテーマを論じるというのはどうなんだ? と思う人がけっこう多いと思うんですが、
プレジデント社とかダイヤモンド社とかで、「戦国武将とか三国志に学ぶビジネスの秘訣」みたいなのがよくありますよね。
結局、それと同じだと思います。


戦国武将だって三国志の武将だって、モデルは実在の人物とはいえ、ほとんどフィクションのエピソードが流通していて、それを元に論じてるわけですから。


実用書の本場、アメリカとかではこういうのは多いのかもしれません。
スタートレックピカード艦長とかに学ぶ、人の上に立つ人間の資質を論じた本があって、邦訳されています。
(訳者はもっとも有名なスタートレックエバンジェリストの一人、岸川靖さん)

スタートレック指揮官の条件

スタートレック指揮官の条件

これも出版はダイヤモンド社ですね。

オタク世代がビジネスで活躍するようになって久しいので、今後こうした本はどんどん出てくるかもしれません。

機動戦士ガンダムDVD-BOX 2

機動戦士ガンダムDVD-BOX 2

ちなみに、シャア・アズナブルの名前の元ネタとなったと思われる、シャルル・アズナブールさん↓

グレイテスト・ヒッツ・フォー・ジャパン

グレイテスト・ヒッツ・フォー・ジャパン

ベスト・ソングス&ライヴ

ベスト・ソングス&ライヴ

森川嘉一郎さんがアキバを分析「おたくと秋葉原」講演

先日(id:AYS:20061106)、開催を紹介した森川嘉一郎さんの講演会ですが、14日付けで私が書いた記事が毎日新聞のウェブに載りました。(ちなみにこのエントリを書いているのは15日)。

学習院大:森川嘉一郎さんがアキバを分析 オタクは男女別行動−ゲーム:MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gamenews/news/20061114org00m300034000c.html

学習院大:森川嘉一郎さんがアキバを分析 オタクは男女別行動 (まんたんウェブ)
http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/11/post_486.html

内容の概要は、上のリンク先に書いた記事を読んでいただくとして。
ここでは写真レポート。

学習院大構内のこの掲示をたまたま見つけたので、私はこの講演会を知ることが出来た。

↓会場はこの建物。

↓ネット端末やらエスカレーターやら、すごいな。

↓会場はこんな感じ。中高年も目立つのは、生涯学習講座みたいなのがあって、単位が取れるのかな?

↓森川さんのスライド。秋葉原がオタクの街になった理由の話。

↓森川さん撮影のコミケ図。すごい。

ネットでの反応(ブログ検索したけど、ほとんど記事をコピペしただけなところが多い。ここに挙げるものはもちろんそうではないもの):

宛先のない郵便 - 講演の内容:おぼえがき
http://d.hatena.ne.jp/eniti/20061110/1163138160
詳しいレポート。

趣味のいろいろ観測日記 - PS3とか、色々雑記。
http://d.hatena.ne.jp/Akitsuki/20061115

森川氏の評論で一番残念なことは、秋葉原の街が、実は戦後の闇市文化から今のオタク文化まで重層化して存在している言う視点がかけていることにあると思う。
これが無いと、秋葉原の混沌とした人・モノ・店の雰囲気を説明することは難しい。

そういう視点もあると思うけれども、もっと深く、とかいう話かな?

ファンキー通信秋葉原はなぜ流行の最先端スポットになったか?
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2677065/detail
中沢新一『アースダイバー』に言及があるようですね。

趣都の誕生 萌える都市アキハバラ

趣都の誕生 萌える都市アキハバラ

アースダイバー

アースダイバー

なぜ売れる?アキバ系商売のしくみ

なぜ売れる?アキバ系商売のしくみ

萌える聖地アキバ 秋葉原マニアックス

萌える聖地アキバ 秋葉原マニアックス

アキバのディープな歩き方 アキバBlog 2005

アキバのディープな歩き方 アキバBlog 2005

ヴェネツィア・ビエンナーレ「おたく展」の写真とか

ついでなので、2004年のヨーロッパ旅行の際に、ヴェネツィアに寄ったらたまたま森川さんの「おたく:人格=空間=都市」をやっていたので、そのときの写真でも。

↑運河の上に、ビエンナーレの開催を告げる垂れ幕が。


↑日本館の入り口には、2ちゃんねるのほぼ等身大オタクAA(アスキーアート)パネルが。
普通に横に並んで記念写真を撮った我々ですが、どうみても、AAとモデルになったリアルオタクです。本当にありが


↑中の様子はこんな感じ。
イタリア人やドイツ人と少し(英語で)しゃべりましたが、「スゲー! でも意味不明」とか言ってました。
あと、「アイディー(ハイジのこと)懐かしー」とかそんな感想。


「他の場所は次に来たときにも見れるが、ビエンナーレは今しか見れない!」と、
アカデミア美術館に行く予定をキャンセルしてこれを見た我々ですが、はたしてその決断は正しかったのか……。いやいや、正しかったのです! たぶん。

学習院大学で森川嘉一郎さんの「おたくと秋葉原」講演

9日木曜日、午後6時から学習院大学で、オタク・秋葉原研究の第一人者、森川嘉一郎さんの講演会がありますよ。


http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~corp-off/otaku.html


連続講演会 越境する愛/交差するジェンダー 第3回
おたくと秋葉原


講師 森川 嘉一郎
桑沢デザイン研究所特別任用教授
早稲田大学理工学部総合研究センター客員研究員


森川氏は『趣都の誕生萌える都市アキハバラ』(幻冬舎)において、秋葉原の変遷を趣味と都市空間の融合として論じられました。また、2004年にヴェネチア・ビエンナーレにて開催された第9回国際建築展では、日本館展示「おたく:人格=空間=都市」のコミッショナーを務められるなど、この分野の第一人者としてご活躍されています。本講演ではおたくについて、現代日本社会に現出した「萌え」というひとつの「愛」のかたちを中心にお話していただう予定です。

日時 11月9日(木曜日) 18:00〜20:00
会場 学習院大学西2号館501教室(目白キャンパス)
主催 学習院大学大学院人文科学研究科「身体表象文化学プロジェクト」
共催 学習院大学文学会

事前申し込み不要・参加費無料

(ギャー、手打ちで写すの疲れた。リンク先、なんで画像にしておくかなあ)

ちなみに、学習院大の構内マップはこれ:
http://www.gakushuin.ac.jp/m_map/index2.html

私は行く予定です。

趣都の誕生 萌える都市アキハバラ 10+1〈No.25〉特集 都市の境界/建築の境界

エヴァンゲリオン・スタイル

エヴァンゲリオン・スタイル

桑沢デザイン研究所 竹熊健太郎・伊藤剛・森川嘉一郎プロデュースのコミケ本

森川嘉一郎さんといえば、桑沢デザイン研究所講師つながりで、森川さんと竹熊健太郎さんと伊藤剛さんが編集長となって、学生の作品を集めた本を出すそうです。
しかも、大学の漫研のユルいアンソロジーではなくて、かなり商業誌的な観点からのダメ出ししまくりで作ってるらしい。これも注目です。

たけくまメモ : 【日記】今日は忙しかったhttp://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_bfd1.html

桑沢デザイン研究所まで。ここではずっと報告してませんでしたが森川嘉一郎伊藤剛君とやっている「桑沢キャラクターメディア研究ゼミ」の一環で製作している冬コミ向け同人誌が佳境に入っております。もっとも同人誌というよりメインは付録のCD収録用完全作りおろしゲーム(「アリスエリア」)なんですが。学生がほぼ10人がかりで夏から作っていてゲーオタでもある森川先生ののめり込みが尋常ではない。俺はゲームはさっぱりなので完全にお任せ状態。コミケのスペース当選が早くも判明したとかで

日曜日(12/31)西地区“あ”ブロック 01a

に決まったとか。なんといきなり壁。同人誌にはゲーム特集記事のほかマンガが三本、小説1本(かなりエロイ)、それから森川・竹熊・伊藤による座談会など載ります。今日は1時半までその座談会もやりました。詳しくは続報を待て。

ちなみに、このゼミの経緯についてはこの辺↓で経緯が読めます。
たけくまメモ : 【日記】今日は桑沢初日
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_6756.html
たけくまメモ : 桑沢「キャラクターメディア・ゼミ」についてhttp://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_f8b5.html
伊藤剛のトカトントニズム - アミューズメントメディア総合学院マンガ学科講師会+桑沢デザイン研究所授業打ち合わせ
http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20060407/1144420520

どんな内容になるか、楽しみですね。